09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

フラワーアレンジメント教室

2014/10/15
通い始めました

ケンブリッジでは大人向けレッスンが充実
種類も豊富

私もいくつか通います
その一つがFlower Arranging for Autumn and Winter

今回のテーマは
A handtied posy suitable for a gift or a vase for the autumn
秋の花束です

持ち物は

Warm coloured flowers should be chosen eg yellow, orange, red, rust
暖色のお花を選ぶこと 例)黄、橙、赤、赤褐色

・bunch roses eg 12
 バラ 12本
・bunch carnation( check that the flowers are open when you buy)
 カーネーション(花が開いているものを選ぶこと)
・long stemmmed foliage eg eucalyptus(ユーカリ) ( florist) or euonymus ( garden) or oak leaves (on stems etc
 茎の長い葉材 例)ユーカリ(花屋)、ニシキギ(庭)、オーク:ナラ、カシワ、クヌギ、カシ等
・optional extra material to theme for autumn eg poppy seed heads , or gather some seed heads on long stems from the road side
 その他秋の材料 例)ケシの実/他実の付いた長い茎の植物を道端から

です

まずは、道端から、、ということで朝から花材探しに出かけました

ケンブリッジはとっても緑が多いです
new_P1010814.jpg

秋らしく赤い実も鈴なり
new_P1010819.jpg

ハスキーが池に飛び込み遊んでいた
自然の中で犬も楽しそう
new_P1010821.jpg

と、よそ見をしてると

踏んじゃいました。フン・・・牛さんのです
ギャグじゃないですよ
new_P1010818.jpg

落ちないように気を付けてこんなのも採りました
先生がspikyと言っていました
new_P1010824.jpg

帰宅

家の周りの道路にもないかなとハサミを手にキョロキョロしていると

CollegeのGardener(庭師)のおじいさんが

”その木は紫の花が咲くんだよ、お花を探しているの?”と話しかけてきました

事情を説明すると

”良かったらCollegeの庭を案内するよ”

と言い、お庭を案内し私が気にいったお花を摘んで下さいました

私が、母がお花が好きでバラを育てていると話すと
彼のお母さんも一緒で、83歳になってもやめないんだとか、世間話をしながら

こんなに広く、良く手入れされたお庭があるなんて知らなかった

そして大切に育てているお花を下さるなんて
なんて親切なんだ

午前中はCollege Gymの手入れをしているから
来たかったら遊びにおいでと言っていました

お礼を言って帰りました



さて、残りのお花の調達

海外でお花を買うのは初めて
どこで買うべきか、、

お花屋さん、マーケット、スーパーで買えるよう

近くのお花屋さんをインターネットで調べて探しに行きましたが
もう閉店していたのか見つけられず、、

マーケット、スーパーで購入

本日のお花
new_P1010829.jpg

バラ(スーパー)
new_P1010835.jpg

カーネーション(スーパー)
new_P1010836.jpg

ダリア(マーケット)
new_P1010833.jpg

カスミソウ(マーケット)
new_P1010837.jpg

お庭で頂いたものの一部

紫陽花は、冬の間もお花を残し雪から下の葉を守るのだそう
春になったらお花を切るんですって
new_P1010841.jpg

new_P1010840.jpg

new_P1010842.jpg


道端から
new_P1010831.jpg

new_P1010839.jpg


中心地から少し離れた住宅街にある教室
new_P1010826.jpg

生徒は5人

私以外は全員イギリス人のよう

年齢層は幅広く、私と同世代~おばあさんまで


ケンブリッジで初めてかもしれません
完全に地元の人だけの空間

イギリス英語のおしゃべりが繰り広げられます

楽しかった

ケンブリッジは国際色豊かな町なので
地元の人だけという場面にあまり出くわしません


授業はというと

・有名なイギリスのFloristの紹介
・Posy(花束)についての説明
・基本の花束の作り方
・次回の作品のデモンストレーション&持ち物説明

という流れ

2時間です

”有名なイギリスのFlorist”とは
Jane Packer
イギリスで最も有名なFloristの一人
顧客にはMadonna, Kate Moss, John Gallianoなど著名人も多数
2011年に52才で亡くなるまで
ロンドンオリンピックのメダリストが持つブーケの製作にも携わったそう

new_posy2.jpg

new_posy.jpg

4種のバラがハーブで仕切られているデザイン
バラはIllios roses (yellow), Marie Claire roses (orange), Wimbledon roses (green) and Aqua roses (pink)
ハーブはrosemary, apple mint, English lavenderで、全てイギリスの食材として使われているもの
ハーブによって香りもとても良いブーケ


ということを先生が紹介してくれました


恥ずかしながら知りませんでした
Jane Packer
何と日本にもアトリエ?はあるよう
Weddingなどやっているのですね
(ホテルオークラの中ですが店舗ではないようです)
http://www.janepacker-tokyo.com/

素敵なデザインばかりです



いよいよ花束作り

皆さん自由に好きな花材を持っていらっしゃっていました

私も、難しかったですが
優しく教えて下さり楽しめました

こちら他のおばあさん生徒さんの作品
とても素敵
new_P1010850.jpg

こちら私の、家に帰りやり直したものです
new_P1010853.jpg

グリーンの実は、ivyと呼ぶそうです
よく街路樹に使われています

翌日、イギリス人のお友達のお家のホームパーティーに持っていきました

------------------------------------------------

私が通っている学校はこちら
Adult Learn and Train
http://adult-education.parksidefederation.org.uk/

語学、料理、ヨガ、絵画…などなど色々あります

お昼、夜、週末1回のみなど時間も様々

ロケーションも、Parkside、Coleridge、その他あり

色々探しましたが格安だと思います

フラワーアレンジの教室は 1回 £9(約1,600円)+材料持参
他に、私の通っているスペイン語も同額です

すでにTermが始まっていても空きがあれば入れます(ディスカウントあり)

申し込み方法は
メール/電話/窓口で空きを問い合わせ
電話/窓口/小切手郵送で支払いをし完了です

この教室は、2013年生MBAの先輩に教えて頂いたのと
パンフレットがカレッジのオフィスに置いてあり知りました

皆さんもよろしければ
スポンサーサイト
22:44 習い事・コミュニティー | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
素敵なお花の教室に通われてるんですね!
授業のために選ばれた花材もブーケもセンスにあふれていて素敵です☆☆
お花を飾ることが生活に根付いているヨーロッパでの様子、これからも楽しみにしていますね!
Re: No title
Horittちゃん、そうそう、こちらでの一般的な物価に比べると、お花の値段は比較的お安いと思います。それに町にはマーケットやスーパーで買ったと思われるお花を持って歩いているカップルや女性を見かけます。こちらで売っているお花の色味はやっぱりヨーロッパを感じさせます。Horittちゃんにお見せするのは恥ずかしいですが、がんばりまーす!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。