10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

エジンバラ観光 1日目

2014/11/18
仲良し日本人MBA生のMさんと3人で
週末1泊2日でスコットランドの首都エジンバラへ

まとめますと

<感想>
エジンバラは中世の面影色濃い旧市街と新市街の美しい街並み(世界遺産)
観光地観光地しすぎていないところがとっても気に入りました
さすがイギリスでロンドンに次ぐ観光都市というのも納得
かなりおすすめの旅行先です


それでは、写真を中心にご紹介します

列車で向かいます
Cambridge(ケンブリッジ)- Peterborough(ピーターバラ)乗換 - Edinburgh Wavery Station(エジンバラ)へ
P1011025.jpg

約5時間の道のり
飛行機の方が少し早いですが、景色もゆっくり楽しみたいので列車で

P1011028.jpg

P1011030.jpg
事前にネットでチケットを購入、当日朝駅の窓口で発券

列車の売店
P1011035.jpg
1時間位毎に車内販売のTrolleyもまわってきます

車窓から
P1011031.jpg

P1011036.jpg

車内は快適
テーブル席を事前に予約
P1011039.jpg

到着
P1011044.jpg

P1011045.jpg

駅はクラシックとモダンの融合
きれい
P1011048.jpg

街へ
P1011049.jpg

P1011051.jpg

P1011052.jpg

Haggis(ハギス)はスコットランド名物料理 今夜食べます
P1011053.jpg

P1011055.jpg

旧市街の景観保護のため、建物の外観を変えることは禁止されているそう
そのためかスターバックスも黒一色
P1011056.jpg

P1011060.jpg

着いてすぐ向かったのはBirth place of Harry Potter
"The Elephant House"
http://www.elephanthouse.biz/index.html
P1011070.jpg

ハリーポッターの作者J・K・ローリングの行きつけだったカフェ
P1011071.jpg
”ハリーポッターと賢者の石”をここで執筆したとか

店内は象さんがいっぱい
P1011062.jpg

P1011063.jpg

"List Magazine"でエジンバラのベストコーヒーハウスに選ばれただけあり
カプチーノすごく美味しい
P1011064.jpg

看板メニューのアップルパイ
のはずが全然美味しくない...(ごめんなさい)
パイ部分がパイではく、スコットランドのお菓子ショートブレッドの柔らかい感じ
フィリングもとろとろの部分がかなり多く不思議な味でした
P1011065.jpg

奥の席からはエジンバラ城が
P1011068.jpg

絶え間なく訪れるお客さん
P1011067.jpg

お手洗いに行くと、全面落書きが!
Harry Potterの呪文がいっぱい書かれていてわくわく

象さん好き、ハリーポッター好きの私には楽しいコーヒーハウスでした


P1011076.jpg

予約していたエジンバラ無料ツアー(チップのみ)に参加するため
旧市街の集合場所へ

ツアー良かったのでご紹介します

●エジンバラ無料ツアー(ガイドへのチップのみ)
SANDEMANs
http://www.newedinburghtours.com/daily-tours/new-edinburgh-free-tour.html

毎日11:00, 14:00催行
所要 2時間半
言語 英語
上記サイトで予約をし当日集合するだけです

以下観光地を歩いて回ります
Edinburgh Castle
St Giles’ Cathedral
The Royal Mile
Old & New Towns
Mercat Cross
Greyfriars Kirkyard (cemetery) and Greyfriars Bobby
Scott Monument
Princes Street Gardens
Grassmarket
Site of Witch Burnings
The original ‘Hogwarts’
William Wallace and the Stone of Destiny
National Museum
Covenanters’ Prison
Martyrs’ Memorial
The Mound
Tron Kirk
The real Dr Jekyll and Mr Hyde
The Scottish Enlightenment

行ってないところもある気がするのですが
それでもガイドさんの豊富な知識と話術で楽しく街歩きできます

P1011078.jpg

こちらの建物何階建てだと思いますか?
P1011079.jpg
答え:12階建て

すごいですね、18世紀にはひどい人口過密に陥ったエジンバラ
住む場所もままならならず
建物は上に上に高くなり、貧しい人々は地下深くにも沢山の住んでいたのだそう
人口が増えすぎて、衛生状態が非常に悪くなりペストが流行したため
地下室への入り口を穴を塞いで皆殺しにしてしまう痛ましい歴史がある

確かに、フィレンツェやトレドなど他のヨーロッパの旧市街の街並みより
建物が高いと感じます


結婚式
スコットランド民族衣装をまとったお父様らしき紳士
とエレガントな帽子の淑女
P1011081.jpg

広場ではバグパイプの音色が響き渡っています
P1011082.jpg

(多分)ブライダルカーもクラシックで素敵
P1011084.jpg

P1011086.jpg

ツアーのガイドさん
アメリカ出身の女性で英語が非常に分かりやすく助かりました
P1011088.jpg

P1011093.jpg

P1011096.jpg

スコットランド名産品のひとつスコティッシュ・カシミヤ
マフラーをプレゼントに購入
P1011099.jpg

Greyfriars Kirkyard
P1011102.jpg

(外に有名なボビーの像があるのですがさらにお墓の奥も)
何故か観光地になっています

理由は、Harry Potterの作者JKローリングは
Harry Potterに登場するTom Riddellのインスピレーションを
このお墓から得たのではと言われているためです

Tom Riddellという19世紀に亡くなった男性のお墓
P1011105.jpg

P1011107.jpg

夕方のお墓はちょっと怖い

ガイドさんが最後のお話で
”このお墓は1000年以上使われていて何層にも何層にも人が埋められているのよ”
だから人々はこう呼ぶの

”Edinburgh Lasagna”(エジンバラ・ラザニア)

ひー!

すごいネーミングセンスです
怖いです

割愛しますが、エジンバラは残酷で怖い話が多かったです
エジンバラにはゴーストツアーもいっぱいあります
Expedia勤務アメリカ人の同級生がお勧めしてくれました

そういえば小学校の頃家にあった本に
エジンバラ大学のおじいさん教授がおばけと仲良しな話があったのを覚えています

嘘か本当かは分かりませんが
イギリスでは家は古いほうが良く(2~300年以上)
おばけが出る家の方が、更にそれが著名人であったりしたらもっと
不動産価値があがると聞いたことがあります

P1011108.jpg

ここでガイドさんにお礼を言い、チップを渡して解散
パワフルで面白くとても良いガイドさんでした

雨が降り寒かったので
ホテルにチェックインし、いざPub crawl(パブ巡り=はしご酒)へ

牛さんのおしりが!
P1011110.jpg

こちら側には頭も
P1011111.jpg
ちなみにここはCow Gateという名前の通り

P1011109.jpg

フットボール観戦できるガーデンパブのようなところ
寒いのに賑わっています
P1011117.jpg

P1011118.jpg

お目当てのお店”The Last Drop”のあるGrassmarketへ
Royal Mileからすぐです

土曜日の夜、すでにいっぱい
テーブルが空くのを待って入り口で立って飲んでいるお客さんも

とりあえず諦め近くのパブへ

P1011128.jpg

P1011120.jpg

P1011121.jpg

Big Tasty Scottish Things スコットランド料理
P1011122.jpg

店員さんに聞いたお勧めのScottish Beer
Innis & Gunn
P1011123.jpg
Mさん、主人がオーダー

それから、お目当てのHaggis(ハギス)
P1011124.jpg

Hagissとは
刻んだ羊の内臓、玉ねぎ、大麦、ハーブ、牛脂などを
羊の胃袋に詰めて、茹でる/蒸したもの

です、少し気味悪いですか?
でも三人とも満場一致で美味しいに一票!でした

付け合わせは、ニープとタティーというそうです

ニープはswedeとも呼ばれるカブのようなものをマッシュしたもの(オレンジ色の方)
タティーはマッシュドポテトです

クリームのソースをかけて頂きます

P1011127.jpg

そろそろ空いたかな、むしろ混んでるよねと話しながら
先ほどのお店リベンジ

むしろ混んでいました

店をあとにしようとすると
ドアマンのおじさんが”飲んでいかないの?”と話しかけてきたので
”ご飯が食べたいんです、でもテーブルが空いてないから”というと
親切にそれならあそこのお店がいいよと教えてくれました

おじさんお勧めのお店
P1011134.jpg

広い店内 とっても賑わっています

これ!飲みたかったんです
IRN BRU(アイアン・ブルー)
P1011131.jpg
スコットランドのソフトドリンク市場でコカコーラを抜いてシェアNo.1
"Scotland's other national drink"とも呼ばれるそう
otherとありますがもちろんScotch whisky以外でという意味です
スコットランドの国民飲料なのですね

オレンジ色の炭酸飲料
味は、メロンソーダに近い味

フィッシュアンドチップス
P1011132.jpg

ハンバーガー
P1011133.jpg

三人で美味しく食べて、Pub crawlといいながらも
2軒で今夜は帰路につきました

スコットランドの旗がいっぱいのパブ
P1011129.jpg
スポンサーサイト
23:24 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

お刺身・寿司用の生食用魚 寿司材料 入手方法

2014/11/18
先日お寿司を作った際
生魚を探しましたので情報シェアします

私が使うケンブリッジのスーパーにはありませんでした
以下全滅です
・Sainsberry(Green Street)
・M&S(Market Square)
・Tesco(川沿い)お魚のカウンター販売していますが、生食はお勧めしてないとのこと
・Waitrose(Grafton Center)

私が購入したのはSeoul Plazaと通販です


①Seoul Plaza(Mill Road)
お寿司用の冷凍イカを購入

これがこりこりしてとても美味しかった!
既に飾り包丁も入っています

お値段も比較的お安かったと思います

また、がりも購入

私は購入しませんでしたが、ゆで海老などが入った
冷凍寿司用生魚セットや、鰻の蒲焼の冷凍
いなり寿しのおあげ(味付けし煮てあるもの)もありました
またスーパーにもありますが、カニカマもあります

ご参考ですが、寿司用のり、寿司酢、わさび、まきすもありました

②通販
"Sashimi Grade Fish"や"Sushi Fish"
などと検索するといくつか会社が出てきます

今回注文したのは
The Fish Society
http://www.thefishsociety.co.uk/shop-by-fish-type/sushi/

ちゃんと梱包され氷とともに届きます
new_P1010860_201411182254012c5.jpg

<購入品目>

・Chalkstripe sake - salmon belly sashimi
100g strip organic chalkstripe £7.40
すごく脂がのり美味しい、一番おすすめ

・Yellowtail kingfish sashimi
80g YT collar £2.80
まだ頂いていません

・Hirame - sushi halibut
120g Halbt flap grade 2 £5.40
いまいち 仕方ないので炙って、大根おろし&ライム&醤油で頂きました

・Maguro - sushi tuna
90g Maguro - sushi tuna strip £6.80
こちらも、いまいち 血のにおいが気になります
また味も薄いです こちらもあぶりで

・Sake - salmon back sashimi
back strip organic salmon £5.60
まだ頂いていません

・Lumpfish roe
100g jar red lump roe *FZ* £1.80
巻きずしに使用
色が赤すぎるが味は普通です

・Whole Atlantic prawns
1080g c120 L whole Atlantic prawns £11.90
こちらは生食ではないですが
殻つきの生の海老がなかなか手に入らないので購入
実は小さいですが、鮮度と味は良いです

Fish total £41.65
送料 £10.00
合計金額 £51.65 (日本円で9400円)

量が少ない割にかなり高額です

この中で生食用でお勧めは、サーモンのハラミ(Salmon Belly)だけです


③その他
カニカマ、シーチキンはスーパーにあります
厚焼き玉子は、焼きました


余談ですが、巻きずしのネタとして
”海老フライ&アボカド&レタス”は大好評でした(邪道ですが)

また、オーダーしましたら情報追加します
22:29 お役立ち情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

Japaneseホームパーティー アジアのお客様

2014/11/17
new_P1010866_2014111820552624e.jpg

主人の学校、Judge Business Schooolのお友達をお招きしました
タイから2名、ベトナムから1名
全員男性です

東南アジアの人は落ち着きます
ふざけてじゃれあって可愛いです

全員私達夫婦より若い20代中盤~後半

皆さん、マッキンゼーや外資銀行出身
バリバリ働いていたはずです
良い意味でそれを感じさせないところが好きです


ケンブリッジMBAのタイ人はいつも一緒にいる印象
頻繁にタイ料理屋さんで食事、週末は一緒に遊び
冬休みもみんなで旅行にいくと言っていました
結束が固いです

その他、MBA生の間では
意外ですがアメリカ人もいつも一緒にいるようです


ベトナムからは、学年に1人だけ
なんとおそらく初めてのJudge Business Schooolベトナム人生徒だそう
(少なくとも5年以上いない)
すごいですね



お料理
new_1907871_10152759034301154_1231730933708111580_n.jpg

こちらにある食材や食器ではやりたいことの三分の一もできないのが正直なところ
妥協しないといけません

全員寿司が大好きとのことで
生で食べられるお魚を取り寄せました
Sashimi Grade Fishで検索すると出てきます

もちろんスーパーには生食用は売っていません

<献立>
八寸(ではなく六寸になってしまった)
・野菜揚げびたし
・鶏柚子胡椒焼き
・だし巻き卵
・枝豆
・田作り
・ニシンの南蛮漬け

寿司(握り&巻き)
とんカツ&玉ねぎのフライ
茶碗蒸し
鱈のお吸い物

デザート
・白玉ぜんざい

松竹梅
ベトナム人の方が取り寄せて持ってきてくれました
new_P1010871.jpg

彼のリクエストで熱燗で
事前にSake Setあるか?と聞かれていました
なかったので、ありもので何とか

それにしても、みなさん日本通!

タイ人の彼は、10回以上日本に遊びに来たことが
お父様が部品の貿易会社をされているとか

それから、折り紙
みんな小学校の授業で習うそうですよ

new_P1010878.jpg

夜遅くまで盛り上がりました

皆さんも喜んでくれて夫婦共々嬉しかったです
21:48 遊び | コメント(2) | トラックバック(0)

栗きんとん

2014/11/16
new_P1011308.jpg

ケンブリッジのマーケットで栗があるのを発見してから

栗ご飯、渋皮煮…どれにしようかなと考えていました

主人とマーケットでお買い物

土曜日は賑わっています

new_P1011291.jpg

パン屋さん
new_P1011288_201411181935584d8.jpg

マーケットは便利

生鮮食品は新鮮、ケーキなど手作りの物がある
スーパーにあまりない野菜や果物が買える(大根・栗・小さい人参…)

何より小分けで買えるのが二人暮らしには助かります

new_P1011290.jpg

マーケットの真ん中
写っていませんが人々が座ってマーケットで買ったものを食べたりしています
new_P1011289.jpg

Fancy tomatoes! かわいい呼び方
new_P1011293.jpg

これこれ!フランス産の栗
new_P1011292.jpg

このお店は、Help yourselfと書いてあり、自分で袋に入れます
(他のお店ではおじさんに言うと入れてくれるお店も)

前のおじいさんが栗を選別して袋につめていきました

私もパンッと張りがあって、重いものを選びます(選び方合ってたかな...)
手に取ってみると、軽いのがいっぱい
1.3Kgは欲しかったので、選ぶのも大変

残ったのはスカスカのばかり



家に帰り、水に浮かばせるとたくさん浮いてきた

ゆで、中身を取り出します

甘みは十分

割ってみて、未熟で硬いもの、茶色くなっているものは除き

結果、1/4くらい使えなかった
すごいロスの数だ
栗に限らず日本の選別はすごい

左:使えなかった栗  右:使えた栗
new_P1011295.jpg

フランス産栗の栗きんとん

日本のそれより、粘りがつよく(水分が多いのか?)、香りは弱く、色も茶色に近い
でも甘さは十分です

(和三盆が手に入らないので、グラニュー糖を使ったせいかもしれません)

お抹茶と
しばし日本を楽しみました
new_P1011308.jpg

19:34 食べ物 | コメント(0) | トラックバック(0)

ケンブリッジの風景①

2014/11/02
ブログを始めたと言ったら

ロシア人のお友達が写真をくれました

彼女は写真を撮るのがとても上手

Nikonの一眼レフを使っています

ちなみに、英語でNikonは”ナイコン”ですが
ロシアでは”ニコン”だそう
どうでもいい情報すみません

Enjoy!

new_10708301_329561680556810_550662321_n.jpg

new_10715672_329561630556815_94851004_n.jpg

new_10715755_329561637223481_312666116_n.jpg

new_10717494_329561643890147_1452563714_n.jpg

new_10717532_329561700556808_1394669184_n.jpg

new_10719059_329561560556822_1490196363_n.jpg

new_10720981_329561473890164_930328927_n.jpg

new_10723141_329561797223465_944985205_n.jpg

new_10723245_329561440556834_1348071423_n.jpg

new_10726709_329561413890170_1972985049_n.jpg


21:29 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

トラブル Accomodation(住まい)編

2014/11/02
イギリスのAccomodationにはトラブルがつきもの

と言い切れるのではないかというほど
私の周囲にはトラブルを抱えている人が多い

私は細かい不具合は気にならない質ですし
普段から生活で困ることはあまり口にしないようにしていますが
ちょっと面白いので、今回は一挙ご紹介したいと思います


ケース① ヒーティングシステム

私達のCollege Accomodationはセントラルヒーティング
入居直後、5分おきに止まるので、Collegeに修理を依頼

エラー
new_P1011011.jpg


その後、以下の人々が入れ代わり立ち代わり、3日に2回ほどやってきた

・CollegeのAccomodationの管理人らしきおじいさん
・エンジニア×4人
・メンテナンスの人 等

やってきては、5分か10分、スイッチを入れ直すなど簡単なことをして
OKこれで様子を見てくれと言って帰っていく
多分毎回何もしていない

原因は何か?と尋ねても誰も分からない
もしかしたら、隣のアイロン台が当たってスイッチを切っちゃってたのかも
とか言い出す。それはない。

予定を聞かれるので、待っていた…
何時に来ると言ってもこない、明日来ると言ってもこない
そして毎回突然やってくる
だったら私の予定聞かなければいいのに、、、

しまいには、ドライバーで外した、コントロールパネルらしきものの蓋を
閉め忘れて帰っていく人も

そうこうしているうちに1ヶ月が経過
だんだん寒くなってきた

Collegeに再度申し立て

その直後、何故か動くようになった
ただし、電気系統のエラーは表示されたまま

1時間程するとヒーターは消えてしまい、自動で再度つくことは決してないが
とりあえず今は夜もさほど寒くない

よくわからないが、もういい、このままにしておこうという状況になっています



ケース② ゴキブリ

友人のお家。自分で不動産屋さんから借りているPrivate Accomodation

入居当初からひどいゴキブリに悩まされています

駆除のプロを2回呼んだそうですが、消えない
(そして、この駆除のプロ、約束の日を2回もすっぽかしたそう)

1ヶ月で50匹は自分で殺したそう


原因は・・・おそらく下の階のレストラン

絶対行きたくないとみんなでレストランの名前覚えました(笑)

それにしても、そのせいでまだスーツケースの荷物も広げていないし
ちゃんとしたお料理もできないそう
本当に可哀想です


ケース③ ハチ

虫シリーズです

こちら我が家

私達はハチと同居しています
大きいミツバチ?
new_P1011012.jpg


窓からではなく、家の中のどこか隙間から侵入してきているよう

朝起きると窓にハチが15匹くらい

その度に窓を開けて外に出します

部屋の中だけでなく、共用スペースの階段の窓にも

きっと、屋根裏かどこかに巣があるのでしょう



ケース④ シャワー

こちらもひどい

カップル向けのCollege Accomodation

単純なのですが、シャワーからお水が出ない

我が家と同様、修理屋さんは頻繁に来るよう
ですが1ヶ月半経った今でもまだ治っていない

どころか、修理屋さんが部品を外しさらに壊れてしまったそう

もちろんバスタブもないので、
彼らはキッチンで頭を洗っているそう

修理屋さんのことをUseless(役立たず)と呼んでいました



ケース⑤ 火災報知器

College Accomodationの火災報知機はとってもデリケート

あちこちのカレッジで、火災報知器が夜中に鳴り
全員が叩き起こされ、寒い中外に出されるという話を聞いています

Collegeは火災にたいしてとてもとても神経質
(これは良いことですね)

火災報知器まで神経質

鳴る原因は香水だったりするそうです




その他、挙げたらきりがないですが、みなさん何かしら問題を抱えています

日本の修理屋さんは本当に優秀です
大体一回で直してくれると思うんです
直らなければ交換してくれます

というか、日本の製品は壊れることがほとんどないですよね
素晴らしい


製品もサービスも日本は本当に優れていますよ!
日本人はそれを自覚しもっと自信を持ちましょう
私もそうします!
19:22 住居 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。