09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

トラブル Accomodation(住まい)編

2014/11/02
イギリスのAccomodationにはトラブルがつきもの

と言い切れるのではないかというほど
私の周囲にはトラブルを抱えている人が多い

私は細かい不具合は気にならない質ですし
普段から生活で困ることはあまり口にしないようにしていますが
ちょっと面白いので、今回は一挙ご紹介したいと思います


ケース① ヒーティングシステム

私達のCollege Accomodationはセントラルヒーティング
入居直後、5分おきに止まるので、Collegeに修理を依頼

エラー
new_P1011011.jpg


その後、以下の人々が入れ代わり立ち代わり、3日に2回ほどやってきた

・CollegeのAccomodationの管理人らしきおじいさん
・エンジニア×4人
・メンテナンスの人 等

やってきては、5分か10分、スイッチを入れ直すなど簡単なことをして
OKこれで様子を見てくれと言って帰っていく
多分毎回何もしていない

原因は何か?と尋ねても誰も分からない
もしかしたら、隣のアイロン台が当たってスイッチを切っちゃってたのかも
とか言い出す。それはない。

予定を聞かれるので、待っていた…
何時に来ると言ってもこない、明日来ると言ってもこない
そして毎回突然やってくる
だったら私の予定聞かなければいいのに、、、

しまいには、ドライバーで外した、コントロールパネルらしきものの蓋を
閉め忘れて帰っていく人も

そうこうしているうちに1ヶ月が経過
だんだん寒くなってきた

Collegeに再度申し立て

その直後、何故か動くようになった
ただし、電気系統のエラーは表示されたまま

1時間程するとヒーターは消えてしまい、自動で再度つくことは決してないが
とりあえず今は夜もさほど寒くない

よくわからないが、もういい、このままにしておこうという状況になっています



ケース② ゴキブリ

友人のお家。自分で不動産屋さんから借りているPrivate Accomodation

入居当初からひどいゴキブリに悩まされています

駆除のプロを2回呼んだそうですが、消えない
(そして、この駆除のプロ、約束の日を2回もすっぽかしたそう)

1ヶ月で50匹は自分で殺したそう


原因は・・・おそらく下の階のレストラン

絶対行きたくないとみんなでレストランの名前覚えました(笑)

それにしても、そのせいでまだスーツケースの荷物も広げていないし
ちゃんとしたお料理もできないそう
本当に可哀想です


ケース③ ハチ

虫シリーズです

こちら我が家

私達はハチと同居しています
大きいミツバチ?
new_P1011012.jpg


窓からではなく、家の中のどこか隙間から侵入してきているよう

朝起きると窓にハチが15匹くらい

その度に窓を開けて外に出します

部屋の中だけでなく、共用スペースの階段の窓にも

きっと、屋根裏かどこかに巣があるのでしょう



ケース④ シャワー

こちらもひどい

カップル向けのCollege Accomodation

単純なのですが、シャワーからお水が出ない

我が家と同様、修理屋さんは頻繁に来るよう
ですが1ヶ月半経った今でもまだ治っていない

どころか、修理屋さんが部品を外しさらに壊れてしまったそう

もちろんバスタブもないので、
彼らはキッチンで頭を洗っているそう

修理屋さんのことをUseless(役立たず)と呼んでいました



ケース⑤ 火災報知器

College Accomodationの火災報知機はとってもデリケート

あちこちのカレッジで、火災報知器が夜中に鳴り
全員が叩き起こされ、寒い中外に出されるという話を聞いています

Collegeは火災にたいしてとてもとても神経質
(これは良いことですね)

火災報知器まで神経質

鳴る原因は香水だったりするそうです




その他、挙げたらきりがないですが、みなさん何かしら問題を抱えています

日本の修理屋さんは本当に優秀です
大体一回で直してくれると思うんです
直らなければ交換してくれます

というか、日本の製品は壊れることがほとんどないですよね
素晴らしい


製品もサービスも日本は本当に優れていますよ!
日本人はそれを自覚しもっと自信を持ちましょう
私もそうします!
スポンサーサイト
19:22 住居 | コメント(0) | トラックバック(0)

Accomodation(住まい)とその選び方

2014/10/01
new_P1010374_2014110211065766f.jpg

私達のAccomodation(住まい)を紹介します


私達は所属するClare Hall Collegeが提供する
”College Accomodation”に住んでいます

パートナーや家族がいる人は自分で不動産屋さんなどで手配する
”Private Accomodation”に住んでいる人も多いです

College Accomodationには独身寮と家族用のFlat等があります
Collegeにより、後者がない場合もあります

また、College AccomodationでもOn CampusとOff Campusと呼ばれるものがあり
Collegeの敷地内か外かで異なります

私達の住居は・・・
On CampusのCollege Accomodation
2人用FlatでFurnished(家具付き)
トイレ、バス、キッチン付
月々£850(水道、電気、インターネット込)=約15万円
※ガスは使用していません

Private Accomodationに住んでいる皆は月£1,000以上支払っているようです
(ただし、皆さんもっと広い家にお住まいです)

余談ですが、ケンブリッジのAccomodatioはロンドンに比べるとずっとお安いです
ロンドンから移り住んできた夫婦もそう言っていました


私達がCollege選びをした時点では、既に人気のあるCollege定員オーバー
限られた選択肢の中、以下のポイントで決めました

①家族用Accomodationがある
②JBS(夫の学校)から近い・・・自転車10分以内
③On Campusである

以上の観点からClare Hall Collegeに決めました

Clare Hall Collegeは、歴史あるClare Collegeからその名を継承しており
そのClare Collegeはかの有名な白洲次郎も所属しました



伝統的な人気のカレッジは、早期に定員いっぱいになりますので
皆さん早めに出願し、希望のカレッジに所属されることをお勧めします

カレッジにより、カレッジが保有する資産、施設、開催されるイベントが大きく異なるため
ケンブリッジライフにおいてはとても重要なのです


一応、College Accomodationかつ、On Campusに住むメリットも書きます

On Campusの恩恵は、College Officeに近く荷物受取など用事を済ませるのに便利
Collegeのバーやジム、プールなどが近い
引っ越し直後のセットアップが楽。ネット等の各種契約不要)※1
Accomodationで困りごとはCollege Officeが窓口になり、修理屋さんなどに依頼をしてくれる※2

※1 これは結構重要で、住居契約も一苦労ですが
   インターネットなどは転居して1ヶ月経ってもまだつながっていないという人も知人に何人かいます

※2 イギリスのAccomodationにはトラブルがつきものです
    そんな時に自分で業者を探して説明して解決まで至るのは大変
    College AccomodationであればCollege Officeに相談すればすぐに業者を連れて来てくれます

といったところでしょうか。


もちろん、歴史のあるカレッジでカレッジのOn Campus Accomodationに
住めれば雰囲気は最高です

が、大抵設備は古く、苦労することも多いそう
(ヒーターが全く動かないなど)
また、独身はもちろん、家族用のお部屋ですら共用トイレ・バス・キッチンは当たり前です

余談ですが、独身の友人は、シャワーが15人に3つしかなく
朝はみんなが並んでいて遅刻しそうになったとか


個人的には、家族がいる場合、歴史のあるカレッジに所属し
Private Accomodationで良い住居を探すのが良いのではないかと思っています
何人かのお家に遊びに行きましたが、とても素敵なアパートに住まれています



長くなりましたが、我が家の紹介です。
色々書きましたが小さいながらも、それなりに気に入っています。
new_P1010377.jpg

外観。ここの屋根裏(笑)に住んでいます
new_P1010374_2014110211065766f.jpg

キッチン。ほら屋根裏でしょ
new_P1010352.jpg

極狭ですが、リビング
new_P1010354.jpg

new_P1010355.jpg

ベッドルームと勉強机
new_P1010356.jpg

彼が家の中で、おそらくベッドよりも一番長く過ごしている場所
new_P1010358_20141102111646f91.jpg

バスルーム。バスタブ付を選びました
new_P1010357_20141102111645526.jpg

シャワールーム
new_P1010359_2014110211164895c.jpg

以上です。

ここからは備え付けの家電など
コンロ4台、オーブン
new_P1010368.jpg

不思議だけどキッチンに洗濯乾燥機、こちらでは普通なのかな
new_P1010369.jpg

トースターと湯沸かし器
new_P1010361_2014110211165220f.jpg

電子レンジ
new_P1010363.jpg

フライパン、鍋などの調理器具
new_P1010367.jpg

キッチンツールも
new_P1010365.jpg

new_P1010364.jpg

お皿、グラス
new_P1010360_20141102111650e4a.jpg

カトラリー
new_P1010366.jpg

その他セントラルヒーティングシステム、掃除機、モップなどの掃除用具
アイロン&アイロン台が付いていました
必要なものは一通りそろっていますので
一年の仮住まいのMBA生にとってはとても助かります

小さいお家ですが、クリティカルなトラブルもなく
自然に囲まれ静かで、窓からリスや小鳥を見ることができます
また屋根裏(笑)なので、とても部屋が明るいです
そんなかわいいお家です
気に入っています
10:43 住居 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。