09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Pics from College Garden カレッジのお庭より

2015/02/22
P2212313.jpg

母の好きなクリスマスローズが咲いていたので

P2212315.jpg

天気の良い日に写真を撮りました

P2212316.jpg

P2212317.jpg

P2212319.jpg

P2212321.jpg

お庭はいつも良く手入れされています
P2212323.jpg

日本人寄贈の木、桜を思い出すな
P2212324.jpg

P2212325.jpg

P2212326.jpg

P2212327.jpg

P2212328.jpg

P2212330.jpg

P2212331.jpg

P2212334.jpg

PC311643.jpg

PC311644.jpg

同志社ルーム
PC311646.jpg

PC311645.jpg


スポンサーサイト
21:39 College | コメント(0) | トラックバック(0)

Ely(イーリー)観光② -英国屈指の大聖堂とティールーム-

2015/02/22
P2182374.jpg

Ely Cathedral(イーリー大聖堂)

P2182348.jpg

P2182366.jpg

1083年に建築が開始され、1351年に完成

P2182451.jpg

入り口の扉
P2182380.jpg

そこを開けると、こんな景色が

P2182432.jpg

P2182400.jpg

P2182388.jpg

P2182421.jpg

P2182399.jpg

P2182402.jpg

P2182404.jpg

P2182407.jpg

P2182414.jpg

P2182421_20150223034921d3c.jpg

見上げると遠くて小さい天井が、鏡を覗くと大きくはっきり見える
P2182429.jpg

不思議
P2182431.jpg

P2182424.jpg

大聖堂の奥の、祭壇
P2182438.jpg

P2182441.jpg

P2182443.jpg

こちらのChoir(聖歌隊)も良いそう

何でも1000年以上の歴史があり
現在もなお住み込みの聖歌隊をもつ数少ない大聖堂だそう
24人の少年聖歌隊員が大聖堂内に住んでいる


大聖堂の方にスケジュールを聞いてみると

今日はEvensong(歌のある夕べの祈り)ではなく、Evening Prayer(夕べの礼拝のみ)ということでしたので

また次回の楽しみにすることに

ちなみに、今回なぜか入場料いりませんでしたが

通常 大人8ポンド(地上階入場+無料ガイドツアー) 各種割引有

※その他タワーへの入場料などは別です
※一度チケットを購入すると、一年間有効です
※午前9時以前、午後5時以降、日曜、また礼拝等に参加する場合やお祈りの方は入場無料


ガイドツアーのスケジュールは
事前に教会に電話をすると教えてくれました(今回は参加せず)

詳しくは
Ely Cathedral公式サイト
http://www.elycathedral.org/visit/visitor-information


今回は訪問しませんでしたが、ステンドグラス美術館もあります
次回行ってみます

The Stained Glass Museum
http://visitely.eastcambs.gov.uk/attractions/stained-glass-museum


大聖堂を出ると、夕暮れ時
P2182448.jpg

P2182454.jpg

美しい教会だったなぁ

P2182460.jpg

お友達と、今度は忙しい旦那さん達が落ち着いたら一緒に来よう

と話しながら帰路につきました

P2182475.jpg
19:56 観光 | コメント(0) | トラックバック(0)

Ely(イーリー)観光① -英国屈指の大聖堂とティールーム-

2015/02/21
今日はケンブリッジMBA生達は
工場見学(ジャガー、レンジローバー等)で
遠足のように朝からバスでお出かけ

私も大の仲良しロシア人のお友達(彼女も奥様)とおでかけ
近くの町Ely(イーリー)へ

ケンブリッジから電車で13分とすぐ

(バスでも30-40分で行けるようですよ)

Ely(イーリー)は私の住むケンブリッジ市と同様
ケンブリッジ州にあり

人口約1万5000万とイギリスで3番目に小さい都市なんだって
(ケンブリッジ市は約12万)

静かで可愛い町

よく晴れ、気持ちのよい日

まずはティールームへ


Peacocks Tearoomの記事はこちら↓
http://daysinengland.blog.fc2.com/blog-entry-52.html


P2182312.jpg

アフタヌーンティーを満喫しEly散策へ

この町にもまた川が流れています

River Great Ouse(グレート・ウーズ川)
P2182326.jpg

ただ、ケンブリッジのCam River(ケム川)より川幅は広く

ケンブリッジの沼の続きのようなのとは少し様子が違います

P2182327.jpg

驚くほど沢山のボートが停泊しています

調べると、ケンブリッジ大学のボートチームもここの河岸にボートハウスを持っていて
毎年開催されるオックスフォード大学との試合ため、この川で練習するそう


Jubilee Garden
P2182331.jpg

大きくはないですが良く手入れされたガーデン

P2182333.jpg

P2182336.jpg

eel(鰻)のオブジェ
P2182335.jpg

この町の名前Ely(イーリー)はEel(イール)鰻が良く獲れたことから、Eel(イール)
もしくは、島を意味する-yまたは-eyからつけられた言われています

鰻売ってたら今度買いたいなぁ
蒲焼き作りたい
(また食べることばかり)


Cherry HillとDean's Meadowの間の道を通って

P2182338.jpg

ここから見えるEly Catheralはとても綺麗

P2182348.jpg

お友達はすごく写真が上手
P2182340.jpg

カメラはNikonです

外国人の旅行者は一眼レフを持っている人が多いと思う
みんなNikonやCanon等の日本メーカーばかり

日本人として嬉しい

P2182360.jpg

二人は仲良し
P2182367.jpg

週に1~2回は会っています


教科書にも出てきた
Oliver Cromwell(オリバー・クロムウェル)が住んでいた家
P2182361.jpg

彼もケンブリッジ大学卒、Sidney Sussex Colleges出身
P2182364.jpg

私達は入りませんでしたが、中では17世紀の暮らしが再現されているそう

Oliver Cromwell's House
http://www.visitely.org.uk/cromwell/oliver-cromwells-house

次はいよいよ大聖堂へ

続く
17:09 観光 | コメント(0) | トラックバック(0)

Pancake Day(パンケーキデー)ってなぁに?

2015/02/17
スーパーで見つけた広告

pancake day


Pancake Day(パンケーキデー)???

小麦粉業界やパンケーキ業界が始めたイベントか何かなのかしら.・・・

と思ったら大間違いでした

キリスト教の伝統に基づき名づけられた日でした

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4

簡単に言いますと、復活祭に向けての準備期間(46日間)に入る前日がPancake Dayであり、準備期間には元々断食(簡素な食事)をする習慣があったため、その前に栄養豊富なパンケーキを食すということのようです

カナダ、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランドなどでも同様にPancake Dayがあるそうですが、とりわけ英国ではその伝統が守られているそう

我が家ではパンケーキは頂きませんでしたが

勉強になりました





21:26 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

St. Ives -15世紀の橋の町へ-

2015/02/04
ケンブリッジ州 St. Ives(セント・アイブス)

イギリスにある15世紀から現存している橋は3つ
その内ひとつがこの街にあります

ケンブリッジ市(パーカーズピースのバス乗り場)から
バスで30~40分

今日のメンバーは
ケンブリッジMBA生の奥様達6人+お子様
アメリカ2人、カナダ2人、ロシア、私

アメリカ人の奥様が計画してくれました
彼女は可愛くて優しくて穏やかで大好き


バス停から歩いて数分
P2031808.jpg
P2031810.jpg
こちらがその橋
P2031811.jpg
15世紀の橋です
P2031812.jpg
P2031821.jpg
P2031825.jpg
P2031829.jpg
P2031830.jpg
橋を渡って
P2031832.jpg
meadow(牧草地)に向かいます
P2031836.jpg
Hemingford Meadow
P2031837.jpg
この冬一番の積雪で、牧草地も一面真っ白
P2031843.jpg
といっても5cm位かな
P2031838.jpg
P2031845.jpg
雪が太陽の光を受け、きらきらして綺麗
P2031848.jpg
何かがこちらを見てる
P2031849.jpg
羊さん!顔が黒くイギリスらしい
P2031851.jpg
P2031852.jpg
途中ぬかるみに足をとられて、足元がびちゃびちゃ
P2031856.jpg
きゃーきゃー言いながら進みます
P2031860.jpg
P2031861.jpg
P2031867.jpg
P2031868.jpg
P2031869.jpg
みんなで写真を撮ろうと置く場所探し、木に引っかけてみたり(笑)
P2031870.jpg
P2031875.jpg
川沿いの牧草地
P2031878.jpg
P2031881.jpg
P2031880.jpg
所どころmuddy(ぬかるんだ)川沿いの牧草地、まさにイギリス
P2031883.jpg
イギリスではハンターブーツが必需品なのも納得
P2031885.jpg
P2031889.jpg
P2031890.jpg
P2031891.jpg
P2031894.jpg
P2031898.jpg
P2031900.jpg
P2031901.jpg
わんちゃんもはしゃいで駆け回っていました
P2031904.jpg
川沿いの家並みが可愛い
P2031905.jpg
P2031906.jpg
P2031908.jpg
P2031909.jpg
P2031910.jpg
目抜き通り
P2031913.jpg
おもちゃ屋さんのディスプレイ
P2031915.jpg
と思ったら、本物の猫ちゃん!
P2031917.jpg
教会
P2031924.jpg
P2031928.jpg
町を探検
P2031939.jpg
P2031940.jpg
P2031941.jpg
P2031943.jpg
川沿いのティーハウスでランチ
P2031945.jpg
River Tea Rooms
http://www.rivertearooms.co.uk/#_=_

とっても可愛いティーハウス

リバービューの席を友人が予約していてくれました
暖かい季節はテラス席が良さそう

そして、こちらのティーハウス
スコーンが絶品!!!イギリスに来て一番じゃないかな
オーチャードを超えました
すごく大きくて、外はカリカリ、中はふわふわで最高
IMG_8464.jpg

主人へお土産に買って帰りました

St Ivesのウォーキングプラン
http://cambswalks.blogspot.co.uk/2014/04/walks-from-st-ives.html

また春に来たいな
13:44 観光 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。